拝見 させ て いただく。 「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

❤️ 「拝見する」をこのような場面で使ってみましょう。

16
させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

👀 書類を拝見します。 尊敬語と謙譲語Iの連結であるが,立てる対象が一致しているので,意味的に不合理はなく,許容される。

させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

✊ 「拝見します」が正しい表現 「拝見します」は「見る」の謙譲語「拝見する」+丁寧語「ます」なので、丁寧な印象を与えることになります。 」は、丁寧語の二重敬語ですが、さすがにこれを使う人はいない(少ない)でしょう。 以上のことから、「拝見させていただく」という敬語が、「拝見」したものが相手の許可を得て見たもので、そのことによって自分の利益となる場合ならば正しい敬語となります。

11
させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

😇 「拝見」と「させていただく」という二つの謙譲語がくっついた言葉となっているので、二重敬語になってしまいます。 相手もYesかNoで答える形になるので、答えやすいですね。 使い方は「社長室はあちらです。

10
させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

👇 「ご案内いたします」「お待ちいたします」などがよく使われる表現です。

させ いただく 拝見 て させ いただく 拝見 て

🤑 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 また、尊敬語は相手側の内容について話すときに使います。 現在形なら「拝見します」でOK! 「拝見いたしました」には「見ました」という意味があるため、過去の出来事について表現しています。