医療 費 控除 やり方。 意外と簡単な「医療費控除」の申告方法、今回の確定申告からもっと身近に!

費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

😝 またあん摩マッサージ指圧師やはり師などの施術も医療費控除の対象となりますが、疲れをとったり体調を整えたりする目的の場合は対象外となります。 また、ご紹介した個別で医療費明細を入力して申告する場合は税務署へ領収書の提出は不要になりますが、 3年間は保管しておく義務があります。 で提出する 郵送の場合、消印が提出日と見なされます。

10
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

🤲。

20
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

😄 その際に、確定申告書には源泉徴収票の添付は必須ですので、忘れないように添付しましょう。 ・ 1に健康保険組合などから送られてくる医療費通知書に記載された「自己負担の合計額」を記入する。

4
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

👀 5-3に 2と 5-1の合計を、 5-4に 3と 5-2の合計を記載する。 ・数カ月で指定した口座に還付金が入る 出典:photoAC 給与所得者で還付金を受け取る場合は、書類提出後3週間から1カ月半ほどで指定口座に入金されます。

6
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

🤙 また、「一定の取組」を証明するために、 「会社の定期健康診断の結果通知表」などの 提出が必要です。 AとBに分けて2行で書くのも1つの考え方です。

14
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

📱 次に、「控除額の計算」の箇所に記入を行っていく。

5
費 やり方 医療 控除 費 やり方 医療 控除

😂 でも安心して下さい。 ) 6 助産師による分べんの介助の対価 7 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価 8 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額 9 次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの (1) 医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やそので通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。 最後の画面になれば必要事項を入れ終わった際に、還付される額が表示されます。