古庄 紋 十郎。 男の子の声変わりを記録したレコード「変声期」がある

紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

😒 声が高い音へぜんぜん伸びなくなった友人の歌声を笑ったりもしたかもしれない。 法名は浄楽院釈泰紋淳正居士。 。

17
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

👈 中学校の音楽の授業や、トリビアの泉、探偵ナイトスクープでも取り上げられたこともあり、ご存知の方も多いかもしれません。 で、以前ぐぐった時には出なかったのだが、雑学系の番組で紹介されたこともあるようで、上のヤツを読んで、そうだそうだと・・・・40何年ぶりかで思い出した。 1968年9月の発売から45年に渡って受け継がれるとは、「声」も予想していなかったのかもしれません。

14
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

🌭 『伽羅先代萩』の政岡や『妹背山婦女庭訓』のおみわなどを演じた。 初名は吉田小文。 よろしくお願いします。

19
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

😃 折出知識としては、女性も声変わりをするというのを聞いたことがあります。 私は、中学での音楽の授業中にこのレコードを聞いたが、わたしを含め、少なからぬ人間が、この古庄紋十郎のモノマネをしていたように記憶している。 長期記憶に入ってんだな。

20
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

😝 同年11月で初舞台。 同7月に紋十郎と改めたところ、の抗議を受け9月に桐竹亀松と改名。

5
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

🎇 ソプラノからテナーに変化する、なんてなだらかなものではないところがやっかいだ。 信州や江戸で修行し、明治9年3月に大阪に戻り、に門十郎の名跡で出演した。

紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

🤐 NHKが制作したドキュメンタリーレコードで、東京放送児童合唱団でボーイソプラノを担当していた古庄紋十郎さん(当時12歳)が、昭和35年4月から卒業するまでの3年間、毎週撮り続けた声が記録されています。

8
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

❤ 、鶴沢清二郎『文楽の人形と三味線』文楽研究会、1944年。 そしてM谷君はこの授業以来、 「紋十郎」と渾名されるようになり、 中学・高校を卒業したあとの予備校でも 「紋十郎」と呼ばれ続けていました。 ナレーション「あえぎながら登りついた1つの峰 それは行く手に新しい世界を垣間見ながらも まだ遠ざかり失われていくものを惜しんでいるように見えます」。

5
紋 十郎 古庄 紋 十郎 古庄

😈 そもそもこのレコードの主役は「声」。 どれほどの美声も、だれもが直面する変声期によって、なにがしかの変化を強いられる。

18